節約できる貸切バス

様々な場面で活躍する移動手段として、貸切バスがあります。あまり個人では利用したことがないという方が多いかもしれませんが、実はいろいろな利用目的を考えることができるのです。ここでは、貸切バスが利用できるタイミングと、その場合、他の交通手段を利用することに比べてどのようなメリットがあるのかについて紹介します。

最初に紹介するのは、個人でのスポーツ送迎に利用するケースです。もちろんスポーツの種類にもよりますが、スポーツによっては必要な道具が多く、移動の際邪魔になってしまうということも少なくありません。公共交通機関を利用する場合、この荷物についてどう扱うのかが問題になってきます。混雑するものには乗りにくくなってしまうことが多いでしょう。その点、貸切バスの場合には人数と荷物の量に合わせて、大きさの違うバスを手配することができるというメリットがあります。大人数かつ大荷物になる場合には大型バスを、少人数かつ少荷物の場合にはマイクロバスを、少人数ではあるものの荷物が多い場合には小型バスを、というような具合で選択することができます。

料金については大きなバスの方が高額になりますが、それでもレンタカーなどでそれぞれが移動するのに比べると安価であることが多く、比較的予算を抑えつつ利用できる移動手段であることは変わりません。

特にスポーツの中でも、ウィンタースポーツの場合に利用しやすいのが貸切バスの特徴です。ウィンタースポーツは他のスポーツに比べても荷物が多くなりやすく、かつ山道ということで自分で運転をしにくい場所でもあります。両方のデメリットを貸切バスであれば気にする必要がありません。

他に利用できるタイミングとして、結婚式の送迎があります。結婚式場によっては、他の交通手段とのアクセスがあまり良くないということがあります。山の中にあるようなチャペルを式場として利用したい場合、そのままでは参列者が移動しにくくなってしまいます。そういった場合に、貸切バスを用意しておくと、利用しやすい駅から輸送することができるようになるため便利なのです。

また、結婚式が終わったあと、2次会への移動の際などにもこの貸切バスを利用することができます。式場に行くときには人数に合わせて中型から大型のバスを利用し、2次会への移動についてはマイクロバスを利用するなど、人数に合わせて選択することによって節約をしながら移動することが可能になります。