貸切バスのメリットについて知ろう

個人で貸切バスを利用したことがあるという方はあまり多くないかもしれません。会社や学校などで利用する機会はあるものの、個人で利用するということ自体が浸透していないことも関係しています。しかし、実は個人においても利用できる機会が非常に多くあります。
ここでは、貸切バスを個人で利用できる機会としてどのようなシーンがあるのかについて紹介します。

まず、よく利用するタイミングとして考えられるのは、団体旅行です。仲間内だけで旅行をしたいという場合において貸切バスは、非常に便利な移動手段でしょう。
公共交通機関を利用して移動する場合は、当然他の利用客がいますが、貸切バスは自分たちだけで移動ができるという点がまず大きなメリットです。これによって、移動中に他の利用客のことについて配慮する必要がありません。移動する場所が遠いほど乗っている時間が長くなるため、公共交通機関では旅行全体の雰囲気を下げてしまうでしょう。しかし貸切バスであれば、移動時間も旅行の一部として楽しむことができるため、最初から盛り上がることができます。

貸切バスでは自分たち以外の利用客がいないため、車内でのレクリエーションなどを計画して行うことも可能です。車内での時間も有効活用したプランを考えることができるため、旅行の幹事もさらに幅広いプランを考えることができるでしょう。席順などを途中で変更することも簡単です。

さらに、貸切バスの場合、停車する場所についても自分たちで決定することができるというメリットがあります。途中でこういった場所で停まりたいということをあらかじめ決めておくことで、公共交通機関では停まることができないような場所にも簡単に停まることができるでしょう。

それでは、同じく自由の利く移動手段であるレンタカーを利用する場合と、貸切バスを利用する場合とではどのような違いがあるのでしょうか。レンタカーの場合、当然少なくとも1人は運転者とならなければなりません。人数が多い場合、車両の数だけ運転者が必要になります。貸切バスの場合は、バスに運転者がセットとなっているため、プロによる運転で目的地まで行くことができます。

また、料金面で比較をした場合でも、レンタカーよりも貸切バスの方が安く利用できるケースも少なくありません。これについては移動距離や移動時間などによっても違いがあるため、何社か比較をしながら検討するようにしましょう。幅広い目的で利用できるのがメリットです。